GoogleShopping連携カラム設定

GoogleShopping連携で連携する商品データについて、各属性に自由項目など任意の項目を割り当てることができます。
「属性名(g:id等)=項目ID(ITEM_CD等)」の形式で指定します。

データ形式については
http://support.google.com/merchants/bin/answer.py?hl=ja&answer=188494#JPをご参照ください。


本設定に該当属性(g:id等)が指定されてない場合は、下記デフォルトの項目(ITEM_CD等)の値が出力されます。
該当属性に対して任意に項目を指定したい場合、その属性に対して「=」で商品マスタの項目IDを指定してください。

■デフォルト値
※実際に設定されている内容ではありません。属性が未指定の場合に、自動で出力される項目となります。

g:id=商品コード
title=商品名
g:price=販売価格
※初期設定「gsfeed出力金額形式設定」にて、内税(税込価格)とするか外税(税抜価格)とするかを設定できます。
description=商品コメント2(値が未設定の場合は商品名)※descriptionはsummaryに変換されます
g:expiration_date=表示期間TO
g:image_link=商品画像1(パスが設定されていない、またはパスに画像が存在しない場合はnoimage画像)
g:additional_image_link=商品画像2,商品画像3,商品画像4
(パスが設定されていない、またはパスに画像が存在しない場合はnoimage画像)
link=item/商品コードの値.html
g:condition="new"
g:availability=在庫状況
/ 在庫管理フラグが「する」かつ在庫が0の場合:out of stock
/ 上記どれにも該当しない場合:in stock
g:sale_price=タイムセール価格(期間中のタイムセールがある場合にのみ出力)
g:sale_price_effective_date=タイムセール期間FROM/タイムセール期間TO(期間中のタイムセールがある場合にのみ出力)
※タイムセール期間FROMが未設定の場合は現在時刻を設定
※タイムセール期間TOが未設定の場合は2099/12/31 23:59を設定

※初期設定「GoogleShopping連携バリエーションフラグ」が「利用する」の場合、
 一部属性のデフォルト値が下記になります。


g:id=商品コード+バリエーションコード
 ※対象商品に設定されているバリエーション分、バリエーションコードを「_(アンダーバー)」で連結して出力します。
title=商品名+バリエーション名
 ※対象商品に設定されているバリエーション分、バリエーション名を「-(ハイフン)」で連結して出力します。
g:price=バリエーション価格
g:availability=在庫状況
 / 在庫管理フラグが「する」かつ、在庫単位フラグが「バリエーションごとに在庫管理する」かつ、
 バリエーション在庫が0の場合:out of stock
 / 上記に該当しない場合:in stock


■設定例
g:idにのみ、デフォルトである商品コードではなく商品自由項目1を出力したい場合、本初期設定に以下のように設定します。

g:id=FREE_ITEM1


注意事項
※項目IDとして設定できるのは、商品マスタの項目のみです。

※指定した項目の値が未設定の場合は、gsFeed.xmlに出力されません。
 ただし、link , g:condition , g:availabilityについては、値が未設定の場合、デフォルトの値が出力されます。

 例)初期設定で下記を設定した場合

 g:expiration_date=FREE_ITEM1 
 →FREE_ITEM1が未設定の場合はgsFeed.xmlに出力されません。
 g:condition=FREE_ITEM2
 →FREE_ITEM2が未設定でも、newが値としてgsFeed.xmlに出力されます。

※商品マスタに存在しない項目IDが指定された場合、エラーとなりgsFeed.xmlは作成されません。

※descriptionはsummaryに変換されます。
 本設定にはg:description=XXXと指定しますが、gsFeed.xmlで出力される際の属性はsamaryに変換されて
 出力されます。

※title , description , link を指定する場合、"g:"はつかないためご注意ください。

※g:image_link , g:additional_image_linkについて、パスが設定されていない、またはパスに画像が存在しない場合、
 noimage画像が出力されます。

※linkには、”サービスURL+設定値”が出力されるため、存在しないパスやサービスURL込みのURLは
 指定しないでください。


gsFeed.xmlに出力したくない項目がある場合、「=」の後を未指定とすれば出力されません。
例)g:expiration_date=


この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。