visumo連携

機能概要

「visumo」は、株式会社visumo様が提供する、Instagram上の投稿画像をハッシュタグで収集し、自社サイトへと活用できるサービスです。
ebisumartでは、毎日商品情報のフィードをCSVファイルで作成後、visumoへ自動で連携し、
visumo側では連携した商品情報とInstagramの投稿画像を紐付けることが可能です。

「visumo」のサービス内容は公式ホームページをご覧ください。
https://visumo.asia/social_curator

ご留意事項や利用制限

・別途、株式会社visumo様への申し込み手続きが必要です。

・商品情報はCSVファイルで自動連携しますが、ファイルサイズが15MBを超えると連携できず、
 エラーメールが店舗管理者メールアドレスへ配信されます。
 その場合は、作成されたCSVファイルをvisumo側にて手動でアップロードしていただく必要があります。
 15MBを超える商品点数が想定される場合は、自動連携の可否をvisumo様へ直接お問い合わせください。
 
 ※15MB=目安としてSKU単位で15万件程度

・連携対象となる商品は、登録区分が本登録の商品のみとなります。


導入手順

STEP 1.弊社への申込み【店舗様】
STEP 2.visumo連携に必要な初期設定の登録【弊社】
STEP 3.visumo連携に必要な初期設定の登録【店舗様】
STEP 4.バッチの設定【弊社】
STEP 5.visumo管理画面の設定【店舗様】

STEP 1.弊社への申込み【店舗様】

本オプション利用の申し込みの旨を、弊社担当営業またはサポート窓口までご連絡ください。



STEP 2.visumo連携に必要な初期設定の登録【弊社】

visumo連携に必要な以下の初期設定を、弊社で登録します。

初期設定名 内容
visumo連携Basic認証:ユーザ名visumo連携で利用するベーシック認証のユーザ名を設定します。
弊社で設定後、店舗様にユーザ名をお伝えします。
visumo連携Basic認証:パスワードvisumo連携で利用するベーシック認証のパスワードを設定します。
弊社で設定後、店舗様にパスワードをお伝えします。



STEP 3.visumo連携に必要な初期設定の登録【店舗様】

店舗様にて、visumo連携に必要な以下の初期設定をご登録ください。

初期設定名 内容
visumo連携カラム設定visumoへ連携する商品マスタの項目を設定します。
設定した項目はCSVファイルに出力され、visumoへ自動連携されます。

本システムの本番環境でご登録をお願いいたします。
※デモ環境で登録しても、visumoへは連携しないためご注意ください。



STEP 4.バッチの設定【弊社】

バッチの初回起動日(希望日)を弊社へお報せください。

※設定には3~5営業日かかる場合があります。あらかじめご了承ください。

バッチは毎日午前3時に動き、商品情報のフィードをCSVファイルで作成します。
作成された商品情報のフィードは、毎日午前4時にvisumo側へ連携します。



STEP 5.visumo管理画面の設定【店舗様】

visumo管理画面の「商品の自動インポートFeedURL」に、以下の連携用URLを登録してください。

連携用URL:https://ユーザ名:パスワード@サービスURL/visumo_feed.txt

※ユーザ名とパスワードは、STEP 2.で店舗様へお伝えしているベーシック認証のユーザ名とパスワードです。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。