配信対象・配信エラーアドレス一覧

機能概要

メルマガ配信登録/予約・結果一覧配信アドレスを押下すると、本画面に遷移します。
選択したメルマガの配信対象アドレス一覧を表示します。
メルマガ配信後は、各メールアドレスの配信結果・エラー内容を確認できます。

本メニューは、Mail Publisher連携をご利用の店舗様向けメニューです。
Mail Publisher連携をご利用でない場合、同等機能については以下をご参照ください。

・配信済みとなったメルマガの配信件数やエラー数、配信アドレス等の確認
 →メルマガ配信結果レポート

・配信エラーとなったメールアドレスの確認
 →配信エラーアドレス検索/一覧


項目説明


1.検索条件

配信対象の各項目を、検索条件として指定できます。
検索できる条件は以下の通りです。

メールアドレス
配信状態
エラー内容
姓(漢字)
名(名前)



2.上記の内容で検索する

指定した2.検索条件に沿って、配信対象を検索します。



3.結果一覧

検索結果の一覧を表示します。
検索条件を指定せず検索した場合は、配信対象を全件表示します。



4.表示件数の選択

検索結果を一度に何件表示させるか、プルダウンで選択することができます。
初期状態は15件に設定されており、5,15,30,50,100,200,500件の中から選択が可能です。



5.選択

この項目のチェックボックスにチェックを入れた配信対象は、
11.ダウンロード(選択したデータを対象)にて、CSV形式でダウンロードできます。

[ON]を押下すると、現在表示されている検索結果1ページ分の配信対象すべてにチェックが入ります。
[OFF]を押下した場合は同様に、検索結果1ページ分すべてのチェックが外れます。



6.メールアドレス

配信対象のメールアドレスです。



7.配信状態

配信対象のメールアドレスへメルマガが配信されたかを表示します。
配信状態の種類は以下の通りです。

・予約中    ……配信予約中であることを示しています。
・配信終了   ……メルマガが正常に配信されたことを示しています。
・配信処理エラー……何らかの理由で、メルマガ配信時にエラーが起きたことを示しています。
          エラー内容は8.エラー内容で確認できます。

配信処理エラーについて
配信処理エラーは、メルマガ配信後、リアルタイムで反映されません。
1時間に1回、バッチでバウンスメールを集計し、ショップ管理ツールに配信処理エラーのステータスと8.エラー内容を反映します。
そのため、メルマガ配信後は、徐々に配信処理エラーの件数が増える可能性があります。



8.エラー内容

上記7.配信状態で「配信処理エラー」となった場合の、エラー内容を表示します。
代表的なエラー内容は以下の通りです。

・ユーザー不明
・サーバによる受信拒否・受信エラー
・メールボックスフル
・その他エラー
・ホスト不明
・ユーザ不明
・ユーザによる受信拒否
・転送後サーバによる受信拒否・受信エラー
・転送後メールボックスフル
・転送後ホスト不明
・転送後ユーザ不明

エラー内容は、Mail Publisher側の仕様によるエラー内容を、本システムで表示しています。

バウンスメールの取得期間および取得後の保持期間について
バウンスメールの取得期間は、メルマガ配信後24時間以内となります。
取得後の情報保持期間は、メルマガ配信後90日間となります。



9.姓(漢字)

配信対象のメールアドレスに紐付く、会員の姓(漢字)を表示します。
メルマガ会員の場合は表示されません。



10.名(漢字)

配信対象のメールアドレスに紐付く、会員の名(漢字)を表示します。
メルマガ会員の場合は表示されません。



11.ダウンロード(選択したデータを対象)

5.選択でチェックした配信対象を、CSV形式でダウンロードします。



12.ダウンロード(検索中のデータを対象)

検索結果として表示されている配信対象全件を、CSV形式でダウンロードします。



13.クリア

3.結果一覧で表示された検索結果をクリアし、結果一覧を非表示とします。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。