メルマガ機能をMail Publisherへ移行する手順について

目次

1.機能概要
2.Mail Publisher導入にあたってのご留意事項や利用制限
3.従来のメルマガ配信機能との比較
4.導入手順
5.Q&A

1.機能概要

「Mail Publisher」は、エンバーポイント株式会社が提供するメール配信システムです。
従来のメルマガ配信機能に比べメルマガの配信性能が向上し、高速かつ高い到達性で、届けたいコンテンツをタイムリーに配信できます。

配信リストやコンテンツの登録、配信結果などの操作や確認は、従来通り本システムのショップ管理ツール上で行っていただきますが、
システム上の処理は、Mail Publisherのサービス上で稼働します。
また、Mail Publisherとのメルマガに関するデータのやり取りは、APIによるシステム連携で行います。

「Mail Publisher」のサービス内容については、公式ホームページをご覧ください。
https://emberpoint.com/mailpublisher/smart-edition/

本ページは、従来のメルマガ配信機能からMail Publisherに移行する際の手順、
およびMail Publisher利用時のご留意事項や従来のメルマガ配信機能との比較についてご説明します。


Mail Publisherをご利用いただくことのメリット
配信スピードの向上

1店舗単位で、最大25万通(1時間あたり)のメルマガ配信が可能です。
エンドユーザーに配信する大切なお知らせやセール告知などを、できるだけ同じタイミングで配信ができます。


到達性の向上

到達性に影響が出るエラーアドレスを、自動で除外することが可能です。
次回配信時のエラーを抑え、メールサーバー側でのブロックを受けにくい配信を行うことで、
届けたいコンテンツを確実にエンドユーザーへ配信します。

メルマガの配信数が多くなるにつれ発生しがちな配信遅延の発生や、
エラーアドレスに送り続けてしまうことによって迷惑メールと誤認識されてしまう、といった課題を解決します。


2.Mail Publisher導入にあたってのご留意事項や利用制限

ショップ管理ツールのメニュー構成や、メルマガ配信の手順が変わります
 Mail Publisherでは「2.配信リストを登録」するメニューが追加されます。
 操作の流れは下記の通りです。

 1.コンテンツの登録
 2.配信リストを登録(メールアドレスの判定処理)
 3.配信の登録
 4.配信結果の確認
 ※変更されるメニューの詳細は、本ページのメニュー構成にてご確認ください。
 ※変更後のメルマガ配信手順については、こちらをご確認ください。

配信リストを登録する際、リストの内容によって15分以上かかる可能性があります
 Mail Publisherでは、配信リストの登録時にメールアドレスの判定処理を行うため、
 リストの容量や状況に応じて時間を要する場合があります。

メルマガ配信ができない時間帯があります
 Mail Publisherのメンテナンス期間(原則 毎月第4木曜日 AM0:00~AM5:30)はメルマガ配信ができません。
 ※メンテナンスについてはこちらをご確認ください。

従来のメルマガ配信機能で登録しているコンテンツの変更はできません
 Mail Publisherへ移行した時点で、従来のメルマガ配信機能で登録していたコンテンツの変更ができなくなります。
 ただし、過去のメルマガ配信結果は従来通り、ショップ管理ツール上からご確認いただけます。

一部併用不可のオプションがあります
 メルマガ添付ファイルオプションはご利用いただけません。
 そのため、メルマガにファイル(カタログやパンフレット)を添付したい場合は、クラウドサービス・サーバをご利用いただき、
 対象ファイルのURLを記述してご案内ください。

デモ環境での動作確認はできません
 Mail Publisherの動作確認は本番環境にてお願いいたします。

API連携のエラーについて
 Mail Publisher移行後の新メニューでは、ショップ管理ツールとMail Publisher間のAPI連携で、
 連続した操作がエラーとなる場合があります。
 その場合は「恐れ入りますが、少し時間をおいてから再実行してください。(再実行可能な間隔:15秒)」と表示されますので、
 ある程度時間をおいてから再度操作をしてください。
 また、ショップ管理ツールを複数人で操作する場合は、エラーが出た15秒以内に別の端末で操作を行うと、
 再度エラーとなり、さらに15秒間エラーが表示される可能性があります。

Mail Publisher側の緊急サービス停止等の有事には、従来のメルマガ配信機能に差し変わる場合があります
 Mail Publisher側の緊急サービス停止等、有事が発生した場合には、
 従来のメルマガ配信機能への切り替えをご案内させていただく場合があります。


3.従来のメルマガ配信機能との比較

項目 従来のメルマガ配信機能 Mail Publisher連携
大量配信 1度に配信できる件数は3万件です。
3万件以上登録された場合は分割して配信します。
1店舗につき最大25万通の配信が可能です。
(1時間あたり)


※配信で登録できる配信リストは5MBまでです。

【参考値】
5MB=26万通程度(会員自由項目を使わない配信リストの場合の数値)
※ファイルの圧縮率によっても前後します。
エラーアドレスの
自動除去
自動除去機能はありません。 配信リスト登録時に
メールアドレスの判定処理(自動除去機能)を
実施します。

メルマガ配信の操作
ステップ概要
1.コンテンツの登録
2.配信の登録
 (配信条件の絞り込みや配信時間の設定)
3.配信結果の確認
1.コンテンツの登録
2.配信リストの登録(メールアドレスの判定処理)
3.配信の登録
4.配信結果の確認

※配信リストの登録ではメールアドレスの判定処理を行うため、
 登録数によっては15分以上かかる場合があります。
メニュー構成 メルマガ会員ダウンロード
メルマガ会員アップロード

メルマガコンテンツ登録    ※1
メルマガコンテンツ検索/一覧 ※1
メルマガ予約/配信      ※1
メルマガ予約検索/一覧    ※1

メルマガ配信結果コンテンツレポート
メルマガ配信結果レポート
配信エラーアドレス検索/一覧

※1 Mail Publisherへの移行時に、
 右表※2のメニューと差し変わります。
メルマガ会員ダウンロード
メルマガ会員アップロード

メルマガコンテンツ新規登録/一覧 ※2
メルマガ配信リスト新規登録/一覧 ※2
メルマガ配信登録/予約・結果一覧  ※2


メルマガ配信結果コンテンツレポート(移行前) ※3
メルマガ配信結果レポート(移行前)      ※3
配信エラーアドレス検索/一覧(移行前)    ※3

※2 Mail Publisher移行時の新メニューです。
※3 従来のメルマガ機能をご利用の店舗様の場合、
 Mail Publisher移行時にメニュー名が変わります。
※変更後のメルマガ配信手順については、こちらをご確認ください。
利用メールドメインの
申請
申請は不要です。 申請が必要です。
未申請のメールドメインは利用できません。
置換文字を使用できる範囲
・テキストコンテンツ
・HTMLコンテンツ

※使用できる置換文字については
こちらをご参照ください。
コンテンツ件名
・テキストコンテンツ
・HTMLコンテンツ

※使用できる置換文字については
こちらをご参照ください。
送信形式 会員データ「PCメールタイプ」により異なります。
・HTMLの場合  ……マルチパート配信
・テキストの場合……テキストメールのみ配信
基本はマルチパート配信です。
携帯キャリアと判定されるドメインのみ、
テキストメールが配信されます。
テスト配信時の
相違点
・FROM表示名称:
 ebisumart No + テスト配信

・FROMメールアドレス:
 店舗管理者メールアドレス

・コンテンツ件名:
 メルマガコンテンツに設定したコンテンツ件名
・FROM表示名称:
 メルマガコンテンツに設定したFROM表示名称

・FROMメールアドレス:
 メルマガコンテンツに設定したFROMメールアドレス

・コンテンツ件名:
 [ebisumart No + テスト配信] + コンテンツ件名
メルマガ配信が
できない時間帯
終日配信可能です。 Mail Publisherのメンテナンス期間は、
原則配信不可となります。


※定期メンテナンス期間:原則 毎月第4木曜日 AM0:00~AM5:30


4.導入手順

STEP1.お申し込み【店舗様】
STEP2.ご利用申込情報確認・認証作業【弊社、エンバーポイント株式会社】
STEP3.SPFレコードの設定(DNSが店舗様管理の場合)【店舗様】
STEP4.Mail Publisherへの移行日確認【弊社、店舗様】
STEP5.Mail Publisherの利用開始【店舗様】

STEP1.弊社へのお申し込み【店舗様】

下記より、必要な情報のご提出をお願いします。

新メルマガ機能利用_専用申込フォーム

2022年10月28日(金)18時までご提出いただいた場合:受付終了
 2022年12月以降の切り替え(利用開始も左記に準じます)

2022年12月23日(金)18時までご提出いただいた場合
 2023年2月以降の切り替え(利用開始も左記に準じます)

STEP2.ご利用申込情報確認・認証作業【弊社、エンバーポイント株式会社】

ご利用申込情報を、弊社からMail Publisherの提供元であるエンバーポイント株式会社へ提出します。
提出したご利用申込情報を基に、ドメイン認証(なりすまし対策)作業等を行います。

STEP3.SPFレコードの設定(DNSが店舗様管理の場合)【店舗様】

配信に利用するメールドメインのDNSが貴社管理の場合は、SPFレコードの設定をお願いします。
弊社管理の場合は、弊社にて設定を行いますので、店舗様での作業はありません。

STEP4.Mail Publisherへの移行日確認【弊社、店舗様】

弊社での各種設定が完了後、Mail Publisherへの移行予定日をご連絡します。

Mail Publisher移行時のご留意事項
Mail Publisherへの移行時に、従来のメルマガ機能で使用していた一部機能(メニュー構成 ※1参照)は非表示となります。
そのため、現在登録されているメルマガコンテンツの利用、
ならびに現在ご利用いただいているメルマガ機能でのメルマガ予約は出来なくなります。

※「メルマガ予約検索/一覧」にて予約済みのメルマガについては、
 配信日時が移行後の日時であっても、問題なく配信されます。
 ただし移行後は「メルマガ予約検索/一覧」メニューが表示されなくなるため、
 予約済みのメルマガを編集することはできません。

※従来のメルマガ機能で配信した配信結果は、(移行前)と表示されているメニュー(メニュー構成 ※3参照)で確認可能です。



STEP5.Mail Publisherの利用開始【店舗様】

調整させていただいた移行希望日に、弊社で従来のメルマガ機能からMail Publisherに移行手続きをいたします。
本番環境にて、Mail Publisherをご利用ください。



5.Q&A

広告媒体管理機能を活用し、メルマガに記載するURLに付与することで計測していますが、新メルマガ配信機能でも利用できますか?

引き続き、ご利用いただけます。

到達性が向上することによるメリットは何ですか?

メールの配信量が多くなるにつれ配信遅延の発生、または、エラーアドレスに送り続けてしまうことによって迷惑メールと誤認識される
場合があります。最悪、メールが届かないということが発生しますが、到達性に影響が出るエラーアドレスを自動で除外することが可能です。

また、エラーアドレスを自動で除外機能によるコストメリットも可能性の1つとして挙げられます。
メルマガ配信数は店舗様ごとのご契約内容に異なりますが、ご契約内容を超過した場合はご請求対象となっております。
新メルマガ配信機能では、エラーアドレスを自動で除外するため、メルマガ配信超過料金の削減にもつながる場合があります。

配信リスト作成時のエラーアドレス除去の間、ショップ管理ツールの操作はできますか?

ショップ管理ツールの操作は可能です。

切り替えの際、何か作業は発生しますか?

配信に利用する「Fromドメイン」のDNS管理が貴社管理の場合、SPFレコードの設定をお願いします。
また、切り替えの時点で、従来機能で登録いただいたコンテンツの変更はできませんのでご注意ください。
過去のメルマガ配信結果は従来通り、ショップ管理ツール上からご確認いただけます。

この説明は参考になりましたか?

はい いいえ

0人の方が「参考になった」と言っています。